11月≪ 2016年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016.12.20 (Tue) 22:03

ショコラちゃんのママさんへ

今日、拍手コメントをいただいて、あらためて、パールの闘病記事を読み返してしまいました。
(読み返すのは)あれから何度目でしょう。

あの記事を書いているとき、きっと辛くて読み返すことはできないだろうな

そう思っていました。

でも、書いていてよかったな、と今はつくづく そう思います。

3月に入っても一喜一憂の日々が続きました。

読み返すと、パールがいつ最期の日を迎えてしまうのかもわからない日々、毎日必死なのが思い出されて
あらためて、こみ上げてきます。。。

たぶん、何年後に読み返しても、何十年後に読み返しても、昨日のことのように思い出すのでしょう。

本当に、いま思い返しても濃い時間でした。

あの時、あのことがあったから、私はそのわずか2か月後に仕事を休むことになったんだと思います。
パールが「マミィ、それ以上無理したらあかん!」って言うかのように。

あの時あれだけパールとの時間が工面できなかったのに。
そのあと、どれだけ時間ができても、もう何の意味もありません。

そう、パールのいない日常なんて、何の意味もないと思っていました。

日課だったお散歩がなくなり、たまに近所を通ったら、風景が突然変わっていることに驚いたり
一日中雨が降っていても、雨雲の切れ目を気にする必要がなくなり
ジュースを作っても、吠えるコがいないことが当たり前になり
パールのために買った、メロディを奏でる掛け時計が、いつもの時間を知らせても、催促するコはもういません。

でもね、その分、ゆいなんの子守りの自由がきくように。

パールの闘病中、まだヨチヨチ歩きだったゆいなんは、もうしっかりと歩いています。
言葉も理解し、会話が成立します。
パールの何倍も世話がかかりますが、ゆいなんは、パールがいたことをちゃんと覚えているようです。

2歳2カ月

ただ、パールほど「マミィ命!」ではありませんよ
こんなに愛情注いでお世話してるのにね!

やっぱりパールは特別だったね!

マミィにとって唯一無二の存在だったよ!

正直なところね、本音はね、すぐにでもパールのそばに行きたいよ。

だって、パールのいない日常なんて、意味がないんだもん。

そう、ここで言っちゃうわけにいかないけど。

かけがえのない存在、それがパール。

息を引き取る2週間前のけなげなパール
IMG_0833.jpg

不思議なことに、私の記憶の中のパールは、このときの顔をしています。

まっすぐに私を見つめるパール
IMG_0815.jpg

かなうことなら、あの時に戻って、もう一度看病させて欲しい。
2016-12-20 (火) 22:03  |  パール  |  TB(0)  |  コメントはこちらへ(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |