08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) --:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.09 (Mon) 21:29

医者ってどうしてこうまで薬を出したがる?

もう、多くを語るのは嫌になるほど気分がよくありません。

今日は、甲状腺の治療の続きで、かかりつけ医に「採血」だけしに出向きました。

この病気、血液検査の結果を見ないと、薬の量を加減できません。

だから、わざわざ、診察の前に別に日を作って出かけているわけです。

なのに、おかしいな~~採血だけやのにやったら待たされるな~~~

と思って仕方なく待っていたら、な、なんと、診察室に呼ばれた!

「あれ?今日は採血だけの・・・」と言いながら、仕方なく入っていくと
結局、不必要なドクターの問診が始まり(たぶん、今さら採血だけとはならないんでしょうね)
今までやったことのない聴診器まで服の上から5秒ほどあてたり
脈拍を測ったり(そんなもん、家でも測れるわ)

問診なんかで薬の量決めれるんやったら、血液検査いらんわ!

と、この季節、クリニックでも誰一人マスクなどしていない中、例のあざが色濃く残る私は
怪しくマスクをしたまんま、不信感いっぱいで診察室にいました。

まぁ、せっかくさんざん待った挙句の診察なので「寝つきは相変わらず悪いです」とは告げましたら

何日分出しましょうかとか、どうしましょうか、とか何の相談もなく
会計に行くと、ハルラック錠がまた30日分処方されていて腰を抜かしそうになりました。

今日は採血だけのつもりやったから、まさか薬まで処方されるなどとは夢にも思っておらず
これで、余計な「処方箋料」とかなんとか色々加算され
ただでさえ高い会計はさらに高額に。

そんで、また二日後に行ったらメルカゾール処方するんでしょ?一緒の時でよかったわ!

なんで?なんで患者に聞かん?

こうして、要らない薬をポンポンポンポン処方して、それを受け取った患者は、余った薬をポイポイポイポイ捨ててってる。

そこんところにもこだわりの強い私は、憤りで震えそうになったのであります。

次に行った時は、絶対に断ってやろうと思います。
処方する時は、何を何日分処方するか、診察室で言って!聞いて!と。

今日の昼間、このまま死ぬんじゃないか?と思うほどしんどかったことなど、この医者に話す気にはなれませんでした。

だから病院は嫌い。病院アレルギーで余計に具合が悪くなりそう。
関連記事
2014-06-09 (月) 21:29  |  tody  |  TB(0)  |  コメントはこちらへ(7)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

私も・・・

初めまして。 最近アクセスさせて頂いての読み逃げだったのですが、甲状腺やメリカゾールという聞き慣れた薬名を見て、ついカキコします。
私は、甲状腺機能亢進症です。 パセドウ氏病では無く、単純に免疫不全の追従症状で発病しました。 私は過去に、類天疱瘡と言う免疫不全の病気を2つも併発して緊急入院。 その時に大事な愛犬を他人の家で独りぽっちで逝かせてしまいました。 私の病気の身代わりで逝ったようなものです。
で、その甲状腺ですが、小康状態になっても2年は血液検査しながらの様子見だと言います。 再発しやすいようですね。
薬を止めてもです。 私の先生はそう言います。
この病気は、ともすれば、内科をたらい回しされる時もあるそうです。
体のだるさや不快感。 急激な動悸と吐き気、冷や汗は私の生活を一変
しました。 幸い、とても信頼できる先生に出会い、年金生活で薬の予算が厳しいこと、類天疱瘡もガンと同じで5年は大学病院への通院が必要な事など正直に話して、建設的に対応してくれています。
国際赤十字にいて世界を回っていたお医者さんが、中年になって定住すべく町医者で頑張っておられる方です。 患者への対応にセンスがあります。
医者に不信感が生じると、心理的にとても苦しいと思います。 セカンドオピニオンの時代ですし、違う病院に行かれるのも方法では無いでしょうか。 
私の類天疱瘡も3番目の町医者が見付けてくれたのです。 それまでは、中堅の総合病院だったのに全然ダメでした。
お辛いと思いますが、気持ちに負けずに頑張りましょうね。

セピア #- |  2014/06/10/(火) 22:18 |   |  【コメント編集】

追伸

言い忘れました。
この病気は、触診と血液検査が基本みたいです。
私も行く時は、必ず対話と触診と、血圧、体重、聴診器での心音検査も
全部されるんですよ。 血液検査は、最近2ヶ月毎になりました。
メルカゾールが1錠になって、それで小康状態が続いていたら、出口が
見えると思います。 私は、先月にやっとメルカゾールが不要になったけど、通院も診察も今まで通りです。
結果が出るのに凄く時間が掛かる人もいるそうですし、はいこれで終わりと
言う病気では無いみたいです。 難しいですね。
昨年の確定申告、たった一人で20万円以上の医療控除をしましたから。 
セピア #- |  2014/06/10/(火) 22:27 |   |  【コメント編集】

>Re.セピアさん

コメントありがとうございます!

セピアさんは、信頼できるお医者さんに出会えてよかったですね!
私も5年前に初めて発症した時は、専門医に2年半かかりましたが
はじめの時には色々と調べましたが、定期的な診察になってからは、血液以外何も診なかったですね。

いわゆる問診だけ。

診察の都度、血圧、体重、触診なんて、どれもありません。

ものの1分ほどで終了~~ってところでしょうか。

私は、一日も早く薬を止めること以外考えてなかったので、それでよかったですが。
前回の時もそうですが、診察の日を待っていて、それから薬の量を加減したのでは遅いので
体調に応じて、自分で対応しています。

自分の体なので。それが良くても悪くても、自己責任でいいと思っています。

私にも自分の命より大切な愛犬がいますので、この子を守るために、先には死ねません。
自分が病気の時は、体力的に世話が大変な時もありますが
この子がいるから、生きていられると思っています。

今日はどうもありがとうございました<m(__)m>
>Re.セピアさん #ZDTV/mj2 |  2014/06/10/(火) 22:49 |   |  【コメント編集】

2年半も専門医にかかったなら、病気は完治したのでは無いのですか?
定期的な診察はともかく、何故まだ投薬が必要なのでしょう。
普通なら、私のように薬を止めての定期検診ですよね。 そりゃあ、不信感が生じるのは無理ないですよ。
もう5年前の病気で、薬云々は合点がいきません。
血液検査の数字が微妙と言う事なのでしょうか。 私の先生は、FT3とFT4が
正常値で、TSHが15の高値でも薬を止めました。
開始時6錠だったメリカゾールが1錠になり、その2ヶ月後に薬無しです。
TSHが15もあっても、FTがしっかり正常値なら、私自身も苦しくないならとの判断です。 私は他にステロイドを服用していて、肝臓にかなり負担があります。 FTの数値に異変があれば、当然投薬再開となるでしょうが、何年も続けるとなると苦しいですよね。 お気持ちお察しします。
こちらは堺市北区です。 お家が近ければ、この先生をご紹介できるのになあと残念です。 でもまあ、感性が違うから、お気に召さないかもしれないけど。  今現在お、お体には特に問題無いのでしょうか。
薬の自己判断はどうかと思うけど、それ以上に貴方のお気持ちが分かります。 無理しないで下さいね。
私も愛犬が助けてくれた命なので粗末に出来ません。
愛犬が逝った時間と、私の体が快方に向かった分岐点が一緒なのです。
3ヶ月予定の入院が25日で終わりました。 症状の激変に大学病院のモデル患者になって、写真撮られまくりでした。 それは全て身代わりのお陰。
家に戻ってもあの子がいません。 一人でずっと泣きました。
高齢でも元気だったのに、徐々に餌を食べなくなって、ドアの開閉に異常に神経質になって、ある夜、水を飲んだ後、預けた友人に甘えるようにより沿った途端、逝ってしまったそうです。 ドアの向こうの私を待ちくたびれたのかも知れません。 ロン毛のコーギー、男の子で、私一途の優しい子でした。 
貴方もワンちゃんも、ご家族もどうかお大事にね。
セピア #- |  2014/06/11/(水) 12:58 |   |  【コメント編集】

>Re.セピアさん

コメントありがとうございます。

これまでのあらすじを申し上げますと
2009年3月に初めて甲状腺機能亢進症と診断されてから、薬を止められる「寛解」という状態になるまで2年半かかりました。

それから2年半、薬はまったく飲んでいませんし、診察にも行っていません。

なので、今回の甲状腺ホルモン異常は「再発」と言えるでしょう。
まぁ、人から「無理をしないで」と言われても、無理をしないと生きていけないので、多かれ少なかれ無理をして暮らしています。

それがいけないのは、分かっているのですけどね。
じゃあ、無理せず、仕事もせず、どうやって生きていく? という究極の選択しかありませんし。

お話をお聞きしていると、治療の方針や薬の止め時も、千差万別あるようですね。
要するに、薬を止めてもホルモン量が安定している状態が維持できなければいけないので
その時期やタイミングは人それぞれなんだと思います。

セピアさんのワンちゃん、ずっとセピアさんの事を待っていたんですね。
泣けてきます。
>Re.セピアさん #ZDTV/mj2 |  2014/06/11/(水) 13:13 |   |  【コメント編集】

一つの予防策として

_(^^;)ツ アハハ、確かに。 無理するなと言われても、きっと皆が無理するんです。 そうしないと生きていけないのも確かです。
でも、お母さんが、主婦が倒れることはとても出来ないのが現状ですよね。
私は、免疫不全の大病をし、そのマイシンによる薬害肺炎、更に甲状腺機能亢進症を併発したけど、そこで猛勉強しました。
要は、免疫力低下が一番の原因。 その理由や原因を今更調べるより、自分で出来るこれからの予防を検討しました。
日常に取り入れやすく、続けやすく、費用的にも無理がない方法です。
発芽玄米食です。 販売されている品では無く、自分で発芽させます。
そうしないと、植物にある発芽毒を消せないからです。 玄米食は、体内の毒素、特にがん細胞に効力を発しますが、続けると人体のミトコンドリアも傷付けて逆に毒になります。(最近の研究論文より)
それが発芽玄米だと無毒になり、更に免疫力や血糖値を下げる効力があります。 私の先生も「決して無意味ではないと思う。サプリより有効」と言います。 発芽も今は機械を売っていますし、そんなに高くないしで、もう、1年近く続けてます。 総合栄養食なので、おかずが多少貧弱でもOKなんですよ。 年金生活にはとても有り難い事です。
甲状腺がパセドウ病や橋本病と言われなかった場合は、おそらくは免疫不全の延長だと思います。 そうなると、食生活や体質改善だと私は自己判断。
で、天日干しの玄米を探し、一番安いところを見付けて注文。 発芽玄米機を8千円ほどで買い、白米と1:1の割合で食べてます。
柔らかくて美味しいですよ。 カレーでも丼にしても違和感なく食べられます。
それだから、甲状腺機能亢進症も1年未満で改善されたのかも知れません。
少なくとも悩みの種だった便秘はもう無縁になり、以前よりは元気かも。
貴方に合うかどうかは分かりませんが、私なりの方法です。
お金が薬代に消えるより、健康維持に消える方が納得できますしね。
一度、発芽玄米でネット検索してみて下さい。 役に立つかもです。
セピア #- |  2014/06/11/(水) 14:29 |   |  【コメント編集】

訂正

前文の「免疫力や血糖値を下げる」の行は、「免疫力のアップや血糖値を下げる」の間違いです。
セピア #- |  2014/06/11/(水) 14:32 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
ぱすわーど  自分のコメントを編集・削除するのに必要です
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cogipearl.blog87.fc2.com/tb.php/1770-17f1b74b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。