03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016.08.14 (Sun) 16:03

最終日

北海道最終日。

前日からの暑さとダニ刺されでろくに眠れず、
午前5時頃から目覚めていた私は、前日、倶知安で調達したランチパックとコーヒーで一人朝食をとっていました。
6時過ぎ、ロフトからゆいなんを抱っこして降りてきた娘。

そのゆいなんを見ると、あろうことか全身にじんましん!
かゆいのか、とにかく機嫌が悪い・・・

急きょ、飛行機に乗る前に小児科に連れて行かなくちゃ無理だ!となり
スマホで千歳周辺の小児科を検索!
幸い、まだお盆休みには入っていない平日の火曜日の朝、大丈夫!

コテージの受け付けの営業は午前8時から。
私たちはその時間より早く出発をしたかったので、コテージの時間外受付の携帯に連絡。

本当は、朝、3,000円の返金を受け取る予定だったのですが、そんなこと、言っていられません!
とりあえず、鍵はコテージ内に残しておけば出発OKとの返事をもらったので、すぐに車を走らせ千歳に向かいました。

検索した小児科をナビに入れ、念のためGoogleナビも起動させて出発。
目的地まではおよそ105km、山道を走って到着予定は午前9時ちょっと前。

ゆいなんは、起きたばかりなので、車に揺られても寝ません><;
ということで、私は後部座席でずっとゆいなんを見守ることに。

そんな私に山中地獄の時間が訪れます。。。

北海道に着いてから、ゆいなのこともあり一度も緊張の取れない私は、著しいストレスでお腹の調子を悪くしていました。
それが、コテージを出発してどこにもトイレのない山中を走っているさなか、お腹がギュルギュル・・・

気をそらせ~~~気をそらせ~~~~
必死で気をそらす以外、なすすべもありませんから。。。

そして山中、電波の入る場所から、目的の小児科に予約の電話を入れようとするのですが
ずっと「時間外です」・・・のアナウンスが流れます。

もう、直接行ってみるしかないよね、そう覚悟を決めて、到着したのが、開院の5分前。
娘がクリニックのドアの前に行くと・・・

無情にも

「休診」の貼り紙・・・

ガーン!

いや、そっちも大変なんだけど、私のお腹もたいへん!!
途中見かけたローソンまで車を戻してもらってトイレを拝借。
ありがたやぁ Lawsonさま。

その後、再び、小児科を検索。
これ、もしスマホとかナビとかなかったら、どうすんのさ!
無理じゃん!絶対!

そして電話!
すると、現在地からほど近いところに神のような小児科がありました!

神の小児科

私には本当にこのとき神のように見えました。
だから写真に収めました。

小児科で受診を終えた直後のゆいなん↓
左のまぶたは殴られたように腫れ
20160814151149088.jpg

腕にも無数の発疹↓
20160814151127128.jpg

20160814151205273.jpg

でも、これでようやく一安心。
時間はまだ9時半頃。
これなら、レンタカーを返しに行って、空港に向かっても十分間に合います。

まさか、帰りの飛行機に乗る前に小児科に行くことになろうとは、誰が想像したでしょう・・・

痒み止めの飲み薬と塗り薬をもらったゆいなんは、時間を追うごとに発疹の赤みがマシになってきましたが、それでも、空港内ではすれ違う人にジロジロ見られ、子どもには「うわっ!かわいそう・・・」と言われ・・・

飛行機に乗る直前まで、カートで眠っていたゆいなん。
でも、いざ搭乗!の時間になり抱っこすると、もちろんお目覚め。

おむつを交換できるチャンスがなかったので、座席に着いて、まだざわざわと搭乗が続いている間に立たせて、ささっとおむつ交換・・・
といきたいのですが、とにかく機嫌の悪いゆいなんは、とどろきわたるほどの大声で泣き叫ぶ!
おむつ替えるだけやん・・・

もう、ほんまにヘトヘト。

そこから、伊丹空港に着くまでの、2時間弱。
狭い座席の私たちの膝の上で、あやし続けました。
隣の座席に座っていたおばさん、本当にご迷惑をおかけしました。
最後に「騒がしくして本当にすみませんでした!」と謝ると
「いいえ、いいえ、ぜんぜんだいじょうぶですよ~よぅがんばったね~、えらかったねぇ」とゆいなんにまで言ってくださり
降りる人でごった返す機内でも、後ろの人をせき止めて
「はよ降ろしたり~退屈してやるやろ~」と言って、先に降ろさせてくださいました。

私はほどけた緊張とうれしさで涙が出てきました。

それほど、過酷な旅でした。
いえ、まだ、家までの距離はありますが、ここはもう大阪。少々のことなら大丈夫。

飛行機を降りたゆいなんは、靴を履いていなくて裸足なのに、エスカレーターには一人で立つというし
ロビー内を裸足でちょろちょろ走るし、まだまだ容赦ありません。

でも、チェックインが早かったからか?荷物も一番早く出てきたので、急いで外へ。
そしたら、バス乗り場から、最寄り駅へ向かうバスがお客さんを積み始めています。
結構距離があったけど、一番でかいサイズのキャリーケースをひっぱり、娘は10kgのゆいなを抱っこして小走りでバスへ!
間に合ったぁぁぁ!
一番最後に乗り込み、娘は補助席しか空いていなかったけど、座れたのでよし。
これまた、暑い車内でしたが、北海道のレンタカーよりは数段まし。
窓がUVカットされているからというのも大きいのでしょう。

超混み混みの阪神高速ならぬ、阪神低速をノロノロ走り、最寄りのターミナル駅に到着したのが15時半頃。
ここは庭。
もう着いたも同然(まだだけど)

バスの車内も帰りの各駅停車も、それを降りた家までの道中も、ずーーーーーーっと娘に抱っこされ寝ていたゆいなん。
娘は筋トレさながらの抱っこで、降ろした後、腕がプルプル震えていたといいます(笑)

こうして、私たちの北海道修行は終わりを告げたのでした。

その日の夜のゆいなん↓
じんましん


かゆそう(涙)↓
痒そう

これは、薬を2回ほど服用したあとなので、まだまだ赤みが引いた状態。
ピーク時は悲惨でした。

こうして、大阪に帰ってきたあとのゆいなんは、翌日、保育園を欠席させ様子を見
金曜日は久しぶりに登園しました。
それはそれはうれしそうに!

その辺りから、人が変ったように、ぐずらなくなり、いい子になったゆいなん。
私と娘は「北海道から別人連れて帰ってきた??」と言っているほど。
出発前のゆいなんと、今のゆいなんは、まるで別人格のように扱いやすくなりました。

なんだったんだろう??
いったい、あのじんましんは。
関連記事
2016-08-14 (日) 16:03  |  family  |  TB(0)  |  コメントはこちらへ(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
ぱすわーど  自分のコメントを編集・削除するのに必要です
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cogipearl.blog87.fc2.com/tb.php/2075-77650a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |