04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016.08.26 (Fri) 22:18

甲状腺ホルモンその後

3日前に採血した血液検査の結果が出ているだろう、と今日、かかりつけ医に行ってきました。
実は、北海道に発つ前、7月30日にも検査をしていて、その時には、まだ甲状腺刺激ホルモンであるTSHは、0.01未満と非常に少なく、体に溢れすぎている甲状腺ホルモンは、あきらかに薬によりセーブされているような状態でした。

そこから医師に指示されたメルカゾールの量は、1日4錠。(それまではずっとMAXの6錠)

自分でも、4錠ぐらい飲んでおくといいかな、と思ったので、9日まで4錠を続けました。

でも、体の何かが変です。

なんだか急に日中に眠気が襲ってきて、まともに目を開けていられる時間がほとんどないではないですかっ!

夜は夜で、8時間以上も寝ているのに、午前中からも午後からも、ずっと眠い。

夏だというのに、唇も乾きすぎる。

パーちゃんがいればね、私の手のひらで、甲状腺ホルモンの量を敏感に感じ取ってくれたんだけどね。
(多いとペロペロ舐める。減ると舐めなくなる。)

パーちゃんもいないしね。

自分の感覚を信じなくては!

どうも、これは薬の量が多すぎてるんじゃ?!と思い、10日(水)からは4錠を3錠に減らすことにしました。

それでも、おかしい。
Fitbit Charge HRという睡眠計や心拍計を兼ねた活動量計を身につけているのですが
この「安静時心拍数」が、ずっと下降を続けています。
わずかずつなんですけど、グラフが下降していっています。

20160826215512273.jpg

これも、体を知るためには参考になりました。

安静時の心拍数なんて、なかなか自分では計れませんので。
減りすぎてる・・・
これは、絶対に薬が多すぎる。

とにかく日中の眠気が尋常じゃありませんでしたので。
立ったままでも目を閉じていたくなる、そんなレベルです。
かといって、夜は寝付けないし熟睡できない。

で、16日(火)からは3錠を2錠に減らして様子を見ることに。
それを1週間続けてみても、やっぱりまだ薬の量が合ってないと体が訴えてきます。

そろそろ次の検査時期。
いったい、どんな結果が出るんだろう?と思って興味津津でした。

そしたら、こんなすごいことに↓
血液検査結果

前回とはまったく異なる値!
一気に、甲状腺機能低下症レベルにまで変化してしまっていました。

なんだか、北海道の前と後で、ゆいなんも私も変わりすぎです!

そして、今回も結果が出る前の採血の段階で、医師に
・日中の眠気が尋常じゃないこと
・安静時心拍数が減り続けていること
・唇の乾燥が激しいこと
・今までと同じようにあまり食べていないのに体重が増加していること
を告げ、低下症にまでなっている恐れを感じたので薬を減らしていることも言いました。

そしたら案の定。

でも、急激に変わりすぎ!

そしてこの結果を受けて、メルカゾールは中止に。
そして寝るときに服用していたハルラックも自己申告で止めることにし、一気に薬がゼロになりました!

薬ゼロって爽快♪

甲状腺ホルモンの異常。
原因はわかりませんが、おそらく私の場合は、ストレス・・・だと思う。

ストレスを感じてます~~~~~!と実感できるほど、強烈に感じていましたから!

前の仕事、辞めて正解だな。

いや、新しい仕事も、しばらくはストレスだけどね
2日目で、右も左もわかんない。
でも、やれそうって感じはムンムンする(笑)
関連記事
2016-08-26 (金) 22:18  |  tody  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cogipearl.blog87.fc2.com/tb.php/2079-9e3a20b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |