07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2007.04.01 (Sun) 22:09

両替の恐怖のつづき

なんでも、気づく人のところに仕事は降ってくるものです。
両替だけじゃなく、店頭においているパンフレットでもそう。

社員ワイは、出勤のとき見ていないのか
それとも見ていても知らんぷりしているのか
なくなっていても、補充しようともしませんし
補充するパンフレットがなくなっていても、私が指示しない限り印刷もしません。

もちろん、私が指示するのはよほどのときで
切れているのがわかっているのに、社員ワイが気づきもしないでボーっとしていて
私はレッスンを見ないといけないので 印刷ができないような時
そんな時ぐらいです。

そんな気づかない社員ワイですから
両替がなくなっていても 我関せずの顔をしています。

で、おのずと気づいた人が両替をするため銀行に行くことになります。
昔は、両替なんて無制限でできたのに、今はキャッシュカードを持っていって
50枚までという制限がありますから
ひどいときは、自分のキャッシュカードを二種類使って
二件の銀行に行くこともあります。
でも、最近は、一日一回で済むよう
こまめにつり銭が不足していないかチェックしているのでそういうケースはないですが。

あの日は、自分もキャッシュを引き出す用事があったので
UFJ銀行に出向きました。

50円玉を1本両替したかったので
教室の手提げ金庫から2,500円持って行ったのですが
両替機というのは、硬貨を入金することができませんでした。

2,000円では1本という両替ができません。
追加というボタンがあったのでそれを押すと紙幣を入れる口が開きました。
やっぱり紙幣しか無理なのか、、、
と思って仕方なく自分の財布から1万円を入れました。
(引き出したばかりで1万円札しかなかったため)

12,000円で2,500円分の両替をする結果になってしまったわけです。

ま、仕方ないわ

と思ってボタンを押し終え
硬貨を受け取り 紙幣のおつりを見ると
な、なんとあの 役立たずの2千円札が2枚も入っているではないですか!
一瞬、つり銭の計算ができないくらい焦りました。

そのせいもあって、この時 つり銭の500円玉を取り忘れてしまったのです。
50円玉1本というのと、2千円札が入っていたことに気がとられてしまったのです。

私のあとには、両替を待つお客さんが一人並んでいたので
早足でその場を立ち去りました。

銀行から出て、信号を渡りながら
なにか、違和感を感じていました。

今の両替、合ってたか???

あ~~~~~!!!
違う~~~~~!!!

500円玉取り忘れてる~~~~!!!

信号を渡りきったのですが、そのままくるりと向きを変え
急いで銀行に戻りました。

でも、あのあとお客さんがいたし
きっとその人が持って行っちゃってるよな
きっと店の両替をして500円損したことになるよな、、、トホホ

と思って両替機の前に行くと
ちょうど、すぐ横に銀行の人がいたので

「あの、すいません。硬貨取り忘れてしまったんですけど」
というと
「あ、500円」
とすぐわかったようで
というか、そのせいで、次の人が両替機を使えなかったようで
ようやく機械を再開したところだったみたいです。

迷惑かけちゃったよ~~

キャッシュカードと利用者の記録に残っていた番号を照合して
無事500円は戻ってきました。

なんか、この両替機、何回行っても神経遣うのよね。
社員ワイ!あんたが行くべきとこやろ!
前の教室長はちゃんと毎日つり銭確認してはったわ
まだ、マシやったな、今から思えば。

レッスンはひどかったけどね。
関連記事
2007-04-01 (日) 22:09  |  tody  |  コメントはこちらへ(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
ぱすわーど  自分のコメントを編集・削除するのに必要です
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |