07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2007.11.29 (Thu) 11:25

おばあさんとおまわりさん

今朝のこと

いつものように5時半ちょっとすぎだったと思いますが
散歩の準備を整え
ちなみに、準備とは・・・
お散歩バッグに
水を入れたペットボトル(500ml)を入れ
用の多めのちり紙を入れ(2組はすぐに使えるように4枚程度で重ねて4つ折り)
スーパーのレジ袋(ごく小さいもの)を入れ
サプリメントの容器におやつ(ミニミニチーズ)を入れ
パールに首輪とリードをつける です。

さて、そんな準備を整えパールと家を出てすぐのこと
向かいから、杖をついたおばあさんが歩いてきました。

早くから、散歩かなぁ・・・
と思って通り過ぎようとすると おばあさんが

  「おくさんすみません、どっちから来られました?」

と力のない声で尋ねてくるではありませんか。

どっちから?・・・って そんな聞き方されたら

あっちから・・・って答えるしかないよ、なぁ

と内心つっこみを入れながら

「向こうからですけど???」と来た方向を指さしました。

  「あぁ、そうですか・・・・」
  「あの、3丁目はどっちの方でしょうか・・・」
  「道がわからんようになってしもうて・・・」

「3丁目ですか・・・?」
(1、2、3、と心の中で地図を確かめてみる)

「3丁目は川の向こう側ですよ?」

  「あぁ、そうですか・・・・」

それで終わるか・・・と思ったのですが
そのおばあさん、向きを反対方向に変えて歩きだすのはいいのですが
持っている杖に躓きそうになって 今にも倒れそうです。

「だ、大丈夫ですか・・・いっしょに行きましょうか?」

と脇に手を入れて支えて歩きはじめましたが
一歩が10cmほどしか進みません・・・

こりゃぁ いつになったら3丁目にたどり着くかわからんわ!

と思ったのです

「ご家族の方に連絡してさしあげましょうか?」
と聞きながら歩いていたのですが

  「それが、番号、ようわからんのですわ・・・」

とおっしゃいます。

そうこうしているうちに、おばあさんはもう歩けなくなって
道路の脇の 石段の上に座り込んでしまいました。

その間、まだお散歩に出てから おしっこもしていないパールは
私の横でおりこうさんに ついてきてくれています。

おばあさんの手に 携帯電話が握られていたので

「ちょっと、見せてもらっていいですか?」

  「は・・・ぃ、 あの 佐藤マサ(仮名)というところへかけてもらったらわかりますんやけど」

と言ってくれたので
携帯を開けてみると

着信あり・・・の表示

こりゃあ このおばあさん 探してはるんやないかなぁ

と思い

佐藤マサさんという番号にさっそく掛けてみることにしました。

しっかし 時間は午前5時40分ごろです・・・
こんな時間に電話がかかってきたら びっくりするやろな

と思いながらも
歩くことも、住所を言うこともできないおばあさんを前に それ以外方法がありません。

佐藤さんに発信を始めると
この辺ではない 電話番号だということがすぐにわかりました。

み、見たことないで、、、、こんな市外局番、、、

そう思いながら、相手が出るのを待っていました。
しばらくすると、年配の女性が電話口に出られたので
状況の説明をし、おばあさんが3丁目にある老人ホームに入居していることがわかりました。

どうも、電話の相手は熱海にお住いの方のようで(そりゃあ、知らん番号やわ)
今日、このお婆さんを迎えに来られるところだというお話でした。
ホームの連絡先(住所はわかっている)がわからないので
歩けないおばあさんをどうしましょう?

ということになって

とりあえず 機転をきかせて
「警察に相談してみます」
「で、それから、おまわりさんの方から、もう一度佐藤さんにご連絡をしていただきますね」

というと

  「本当に、ありがとうございます。」
  「では、そのようにお願いします。」
  「親切な方にお世話になって本当に助かりました、ありがとうございます」

そう何度もお礼を言われて 電話を切りました。

あたりは街灯しかなく、暗闇です。
運悪く だーれも通りません。

今度は私のウィルコムから110番することにしました。
確か今は、移動端末からでも すぐに発信場所が特定できるらしいし
PHSの方が、アンテナの範囲が狭いから場所もわかりやすいだろう
と 想像して
ウィルコムから かけました。

想像通り、電話をした時点で私の居場所は、町名まで特定できているようでした。

かくかくしかじか、、、なんです

と事情を説明すると

わかりました!すぐに警察官を向かわせます と言ってくれました。

おばあさんにそのことを伝えて 一緒に待っていました。
パールは

お散歩はどうなったの?というような様子で 私の周りをチョロチョロしています。

おばあさんの見える範囲で 歩かせてやり とりあえずおしっこだけさせてやりました。

この時期、6時を回っても、まだ夜が明けません。
おばあさんは、薄いカーディガンを羽織っているだけで
道路端に座りながら、だんだん ブルブル体が震えてきました。

「寒くないですか?」

とお聞きしても 遠慮してか 「いえ、、、大丈夫です」と答えられるのですが
体の震えが止まらないようなので
私が着ていた 上着を着せてあげました。

しばらくすると、救急車のサイレンがすこ~~しずつ近づいてくるように聞こえ

え~~~~~っ まさか救急車が来るんやないやろなぁ!
とビビっていたのですが
けがもしていない とちゃんと報告してあったので まさか と思いながら
サイレンの行方を聞いていると、遠くへ去っていき ホッとしました。

おまわりさん 遅いなぁ

と痺れを切らしながらもパールといっしょに待っていると
ようやく自転車に乗ったこの地域の交番のおまわりさんが二人でやってきてくれました。

自転車かい!

と私が心の中で突っ込みを入れたのは いうまでもありません(笑)

その後、おまわりさんに先ほどの佐藤さんに電話をかけてもらって
しばらくは 私も名前を尋ねられたりしたので、その場にいたのですが
あとは おまかせすることにしました。

なにしろ、もうすぐお散歩終わりの時間だというのに
まだ 町内はおろか 家の周りを一周もしていません

パールがかわいそうなので 急いで歩きに行きました。
ほんの近所を回ったところで  を済ませ
また もといた場所に戻ってきました。

ちょうどそのころ、待ちに待った が到着していました。

よかった・・・

そんな わけで 今朝のお散歩は 1,000歩でおしまい、となりました。

それにしても早朝の散歩はアクシデントとの遭遇が多いなぁ
でも今は携帯があるから 何かと便利な世の中です。

こんな長文を最後までお読みいただいた方へ
私のひとり言におつきあいいただいて 本当にありがとうございました。
吐き出して、ちょっとスッキリしました
関連記事
2007-11-29 (木) 11:25  |  パール  |  コメントはこちらへ(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

どらみしゃん 親切にされたんですね~!!
お疲れ様でした。。。
よかったよかった おばあさんも携帯もっててよかったです!
徘徊の方って ほんとに信じられない遠方までいかれるようですもんね。。。
うちのマンションは一人暮しのお年寄りの方が多いようなんですが、
(一戸建てを引き払って住んではるみたいです)
部屋の番号がわからない方のお手伝いをした事がありますよ~。
ここじゃないかと思うんですケド、、、と言われたところとは全く違う階と方向でした。。
管理人さんも居ないので管理会社まで電話してたずねました。
これからは鍵に部屋の番号を書いとかないといけませんね~と言いましたが。。。
パールちゃんは、きっとその雰囲気がわかっておとなしくしてたんですね。
賢いね☆
きこり #- |  2007/11/29/(木) 15:29 |   |  【コメント編集】

>Re.きこりしゃん

  最後まで読んでいただけたんですねv-290
  きこりしゃんこそ、お疲れ様でした(笑)
  今日は、届いたシャンプーでさっそくパールを洗いました。
  本当におとなしくさせてくれるようになって
  うれしくって 涙が出そうです。
  
  飼い主の気持ちが伝わっているんですね、きっと。
  ただ、後片付けはいつものことですが大変です。v-393
  でも、パールのためです!がんばりました!

管理人:どらみ #hw/XFbsg |  2007/11/29/(木) 16:34 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
ぱすわーど  自分のコメントを編集・削除するのに必要です
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |