07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008.08.11 (Mon) 13:58

私の不思議な能力と恐怖体験

昨日も 仕事中に恐ろしく眠かったことを除いては あまり変わらない日常を過ごして夜になりました。
いつものように ヘッドフォンでラジオを聞きながら 自転車で帰路についた私。
(30分も退屈ですからね)

帰路も半分以上過ぎたあたりで、よその家の前を通り過ぎた時
ふとガレージに目をやると そこでバーベキューをしていました。

バーベキューは臭いがこもるし、うちの中でやるのは大変やもんなぁ

とぼーっ と考えながらそのまま自転車を走らせていました。

頭の中では

  

  もしうちでバーベキューなんてやるとしたら、やっぱガレージやんなぁ
  でも その間、車は表に置いとかなあかんよな
  置くとしたら やっぱり北側の道路の塀際やな・・・
  ま、うちがそれをすることはまず ないけどな・・・
  だって、テーブルもあれへんし 第一 片づけるのがたいへんやん



と 珍しく考えていました。
バーベキューを家でやるなんて、絶対にありえないのに。

そうしてまた5分ほど進んだあたりで 急に 「携帯を見よう!」と思い立ちました。

どうしてか?理由はまったくありません。着信音が聞こえたわけでもなく、時間が知りたいわけでもなく、気になって待っているメールがあるわけでもなく。
しかも走りながらですから、そんなことはまず滅多にしません。
なのに、急に 「見よう!」とだけ思ったのです。

本当に不思議だと思いました。
すると、着信メールありの表示。

あれ?いつの間に来てたんやろ。
ヘッドフォンしとったから、小さな音の着信音なんか全然気づかんかったわ。

そう思って本文を見ると 珍しくTy(大学生の息子)から

なになに??

「ガレージでバーベキューしてます。驚かぬよう」(絵文字も含めて原文のまま)

いえいえ、驚きましたとも!
家に帰るとさっきイメージした通りに、車が北側の道路の塀際に寄せて止めてあり
ガレージには若者が集っていました。

ふーん。
こんな奇遇もあるもんやねんな~

と。

でも、私のこの手の予感というか予知は この時だけではないのです。
今回のは、大したことでもありませんけどね。

むか~し、むかし
Tyが幼稚園(年長)の夏休み。

今のように暑い熱帯夜が続いているというのに 私はある夜中 震えが止まらなくなって
羽毛布団を首まですっぽりかぶっても、30分ぐらい体がガクガク震えていました。

なんやろ?なんでやろ?そう思いはしましたが、それ以上のことは何も考えませんでした。

そうすると、また翌日の夜中も同じように 震えがやってきました。
さすがに2夜連続の この真夏の震えは おかしいです。
しかも寒いとかいうのではなく 恐怖の方の震えでした。

あんまり気持ちが悪かったので、その日の昼間実家に立ち寄った時、母にもその事を話しました。

なんやのん、気持ち悪いこと いうなぁ

そんな会話で終わったのですが
その日の夕方でした。

娘(たぶん2歳)を自転車に乗せて近所の買い物から帰ってくると
うちの近くの交通量の多い交差点で 車の急ブレーキの音がしました。
その交差点はT字路になっているのですが、以前から魔の交差点と呼ばれていて
死亡事故も含めよく事故が起きていました。

あ、また事故やん

そう思って交差点を見ると!
なんとはねられているのは うちの息子!!!

信号がすでに赤に変わっているのに、先に信号を渡った小学生の近所の友達に呼ばれて
つられて交差点に進入してしまったようでした。
東行きの車にはねられたのに、さらに起き上がって南へ渡ろうとするため、誰かが止めてくれたようでした。
あのまま動いていたら、さらに西行きの車にはねられていたかもしれません。

事故の怪我は幸い 鎖骨骨折だけで済みましたが
息子はこの幼稚園の時点で、すでに交通事故が3度目です。

普通一生に1回もすることのない交通事故に幼稚園までで3回なんて異常です。

結局、その時の震えは この事故を予知するものだったのか?
そう思うしかないような出来事でした。

3日目の夜は、もう震えはなくなりましたから。

さて、タイトルの恐怖体験は この話ではありません。





そんなバーベキューのあった日
2Fにあがると、参加者の一人の女の子が 台所でサラダを切って皿に盛りつけたりしていました。
もうちょっと早く言っておいてくれたら、台所を片づけとくのにネ(笑)

まあ、そんなことはいいのですが
息子と参加者が階下に降りて行ったあと・・・・

あぁ、暑い暑い!

と 毎日のことですが 言いながら(誰もいないのでパールに!)
着ていた服を 洗面所で脱ごうとしたその時です!!!

プルオーバーで着るタイプの 網目のようになったレースの服だったのですが
それを首から脱ごうとすると!!!

ジーーーー!ジーーーーー!ジーーーーー!と耳元でセミの大きな声!

驚いて気絶するかと思いました。

私の服にセミがくっついていたんですね!
それが服を脱いだ拍子に 激しく鳴き出したわけです。

突然の出来事に 恐怖で大声を上げるわたし!

なにより虫が嫌いな私にとって、これほどの恐怖は他にありません!

悲鳴をとどろかしながら、脱いだ服を洗面所に投げ出し避難したものの
その服の中にはまだセミが!!!
飛び出してきたらどうすんの!?状態です。

「Ty~~~~~~~~!!!!!」


悲鳴のまま 階下の息子を呼ぶと

「なにがあったん!」と冷静な様子で上がってきました。

セ!セミがぁ~~~~!

と状況を説明し、とにかく外へ!外へ!やって!

と言うと、恐る恐る洋服をつまんだ息子は ベランダの地面に ポイッ!


え゛~~~~!!!!

あのままやったら、虫網の中にいるセミ状態やから 絶対に逃げへんやんかぁ!!!

とその場しのぎの解決だけして また降りて行ってしまいました。

でも、そこはバーベキューの日でよかった!
そのあとで、冷蔵庫にドレッシング入れさせてもらってるんです
と言って、取りに上がってきた 若い男子!

ぉお~~~!この子ならセミをなんとかしてくれるのじゃ!!!

と期待して マルタニくん?セミ得意? と聞くと・・・

「一番苦手な生物です・・・」とお返事。

あ~~~~だめかぁ!

と落胆したのもつかのま

マルタニくんは ドレッシングをシンクの上に置いて果敢にもベランダに向かったのでした!

え~~~よぉ 苦手やねんやろ~~~
他に 得意な男子 おれへん??

と言ったのですが マルタニくん 「いえ、お邪魔してお世話になってますから!」と。

あ~~~~息子とえらい違いや~~~~!

そうして マルタニくんの手によって、セミは虫網のようになっていた 服から解放されたのでした。

あ~~~あのとき、マルタニくんがいなかったら・・・・
あの服は セミの命がつきたのといっしょに ゴミ箱に行く運命だったかもしれません。

それにしても、みなさん、網目になった洋服の時は 十分セミのくっつきにご注意ください!

しかし、長文・・・・
最後まで読んだそこの方!

がっかりさせてすみませんでした!!!
関連記事
2008-08-11 (月) 13:58  |  パール  |  コメントはこちらへ(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>Re.雲丹母さん

みなさん、虫、平気な人が多いんですね。尊敬します。
カブトムシとか、セミとか 昆虫採集する意味がわかりません!(笑)
人間、予期せぬ出来事には弱いですよ・・・実感しました。
セミが家の中のしかも耳元で鳴きはじめるなんて 誰が予測したでしょう。
まぁ、その時の私のあわてよう、想像してお楽しみください。
逆にゴキはもっと嫌いなんですけど、家の中で出てくるかもしれない
という予測がたちますよね。
その分、まだ覚悟ができていて 対応できるかもしれません。
それでも、上の方から襲撃されたら 気絶しそうになりますけど・・・ξ\_(-_-)_/ξ
夏よ!早く去れ!

管理人:どらみ #hw/XFbsg |  2008/08/12/(火) 08:23 |   |  【コメント編集】

>Re.つきももさん

1回目の交通事故は 私が自転車の前に乗せて朝の公園に出かける時でした。
信号無視をしたミニバイクの高校生に横から衝突され転倒。自転車の前輪はぐにゃり。
私が必死でかばったために、息子は無事でしたが 私の膝はその後数年間痛みました。
高校生は逃走、ひき逃げ事件に。でも、私がバイクのナンバーを暗記して通報したため御用。
2回目の事故は 道幅の狭い生活道路で。違法駐車していた車の陰から私の方へ向って来たところを走ってきたミニバイクと衝突。はね飛ばされました。
そして3回目が魔の交差点と呼ばれる場所での車との接触。
もう、ないことを祈っています。

管理人:どらみ #hw/XFbsg |  2008/08/12/(火) 08:18 |   |  【コメント編集】

あっちゃんはセミ転がします。

息子さんの交通事故の多さにもびっくりしましたが、どらみさんの恐怖体験にもびっくり。霊感があるんですね。
私も虫は苦手ですが、基本触れます。小さい頃、夏は昆虫採集とかしていたので。
うるさいし、傍にこられるのはいやですが、つかんだりたたいたりは出来るかな。
この頃の都会のセミはドンくさいのか、近所のハル君のママさんは木で鳴いているセミを簡単に手でつかんではります。
あっちゃんは道路でジタバタしてたり、お亡くなりになってるセミを散歩の途中でもてあそびます。食べんといてくれーです。この間、きずかない間に食べたのか便に甲羅状の物が混じってました、木の実かもしれないけど。(涙)
パールちゃんがそんなことしたらえらいことですね。
自転車通勤なんですか、この暑いのに大変ですね、熱中症にお気をつけください。
あっちゃんのママ #MMIYU.WA |  2008/08/11/(月) 17:01 |   |  【コメント編集】

ええ、最後まで読んでしまいましたよ!

セミがそんなに近くにいたら、嫌ですねえ~。 私も以前にお風呂に入っている最中にゴキ○リが窓から入ってきて、水をかけて攻撃したら一糸まとわぬ姿の私にむかって飛んできてかなりあせりました(汗)。さすがにそのときは家族に助けを求めることが出来ず一人で格闘してましたが・・・。 セミも大変だったでしょうが、文章が面白くて笑ってしまいましたよぉ。マルタニくん、かっこぇぇ。
ラブママ #- |  2008/08/11/(月) 22:05 |   |  【コメント編集】

息子さんの事故。。
それは、心臓が止まるほどの恐怖ですよぅ・・。
うぅー。
マルタニくん、ナイス!男前やないですかっ!
そんな事をさらっといえるなんで、ポイント高いです!
セミのあの声は大音量ですもんね!
嫌いじゃなくても気絶しそうになりますよーーー!
つきもも #- |  2008/08/11/(月) 23:27 |   |  【コメント編集】

>Re.あっちゃんのママさん

幸いパールは道端のセミに鼻を近づける程度でクンクンとして通り過ぎてくれるので幸いです。
セミより、ブンブン飛んでる虫をキャッチしようと 暴れますけど(笑)
(あんたに取られへんって!)
そうそう、昔のセミはこんなにも人間の近くに自ら飛んでこなかったような気がするんですぅ。
セミって空飛ぶイノシシみたいに猪突猛進みたいな飛び方するので大っきらいです。
もう網目の服は着ません!あんな恐怖体験はまっぴらです!
でもね、あれがもし服の前についていて気づいたとしても
それはそれで脱ぐにも脱げず取るにも取れず大変なことになっていたかもしれません!

管理人:どらみ #hw/XFbsg |  2008/08/12/(火) 08:03 |   |  【コメント編集】

>Re.ラブママさん

ラブママさん♪ あ~~~最後まで読んじゃいましたかぁ(笑)
実はあの日の出来事は 虫嫌いの私のこれまでの人生の中で最大のピンチでした。
書かずにはいられない!
でも、セミ以上にゴキはも~~~~~~っと嫌いです!!!!!
セミはよほどのことがなければ家の中に入ってくることはありませんが
ヤツは大きな顔して 這いまわりますもんね(TдT)
最近でこそゴキを家の中で見る機会は減りましたが
私が子どものころは住宅環境も悪かったし
あちこちの窓が開いていたんで ヤツも侵入し放題。
夜、お風呂に入る時は、まず天井からチェック!
そしてふたを開けるときも気を抜いてはいけません(ΦwΦ;)
ふたの裏に潜んでいることもあるからです!
風呂場のように自分が無防備な場所ほど 恐怖が倍増しますよね。
ラブママさんも、よく闘いました!

管理人:どらみ #hw/XFbsg |  2008/08/12/(火) 08:12 |   |  【コメント編集】

不思議ー!!まさに予知ですね。でも息子さんの事故、命に別状なくてホント良かったです(TT)
私も子供のころは何度か予知?めいた事がありましたが。。。
今は全くなし!クジ運も勝負運も全然ありません(笑)
セミはあわわわですね(・▽・;
うるさすぎて、怖いかも。触れないことはないんだけど暴れるし~!
私はゴキが最強に苦手です(><)
雲丹母 #ZuWHZqzc |  2008/08/12/(火) 00:05 |   |  【コメント編集】

予知したって事ですよね!凄い不思議ですね。。不思議な事ってあるんですよね。ワタシも何度か経験してます。
けど、どうせなら息子さんの事故が起きる前に防げるように、分かりやすーく
予知出来ればいいものですよね。幼少の頃に3回もの事故だなんて‥
今、お元気で何よりです。
セミ恐ろしいですね。。
2、3日前にいつの間にか家の中に入ってしまった
カメムシに陸がじゃれて手で遊んでいたのにはまいりました‥
トモ #- |  2008/08/13/(水) 08:24 |   |  【コメント編集】

>Re.トモさん

勤めていた会社の社長さんが私が退職してから亡くなりました。
(その社長の秘書をしていました関係でゆかりが深かった方です)
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
辞めてから、1年ぐらい後だったかなぁ。
ある日、突然私の夢の中に現われたんです。
場所は社屋の中の見慣れたところ
でも現れた社長に脚がありませんでした。v-356
スーースーーと上半身だけがすべるように移動していくのです。
着ているのは いつものように白いワイシャツ
よく、ワイシャツの裾がズボンからはみ出ていて ォイォイと思っていたものでした。
夢に現れたのは後にも先にもその時一度だけでした。
そうして 目が覚めて新聞を見ると・・・
そこには 社長の 葬儀の案内が・・・
これにはたまげました!
そんな変な予知?が働く私です。
だから息子たちも私の予知には結構従いますね。

管理人:どらみ #hw/XFbsg |  2008/08/14/(木) 13:23 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
ぱすわーど  自分のコメントを編集・削除するのに必要です
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |